澤野大樹氏名古屋講演会第15回終了のご報告

12月20日(日)、澤野大樹氏名古屋講演会第15回、終了いたしました。
ご参加くださった方、本当にありがとうございました。

20201220名古屋講演会写真.jpg

(※次回の名古屋講演会第16回は2021年2月6日(土)に決定しました。
  文末に詳細を掲載いたしました。)

今回初めての会場、準備の至らぬ点、反省点も多々ございました。
次回の開催に生かしていきたいと思います。

お話の内容はまさに、タイトル通り『根底から紐解く2021年の全て!』でした。
今現在に至るまでの、その背後にある数千年に渡る人類史。
日本、そして世界の社会構造、その具体的詳細とあらまし。
現在のスピリチュアル業界の背後にある思想的背景、そこにある意図と目的。
そこに密接に絡んでいた政財界の動き。

過去の歴史と出来事を一つ一つ紐解いていく事により、
私たちが置かれた状況が、事細かに浮き彫りになっていきました。

そして、この先の近未来にかけて起きてくるだろう事について。
それは到底生半可には語る事の出来ない、壮絶な体験を伴う変化の兆しでした。

一見、二つに分かれ対立しているように見えるどんな事にも、
その根底には一貫した「意志」がはたらいていました。

これから始まる、「元の均衡」へと至る時代の大きなうねり。
その只中に私たちが生きているという事。
それはこれまで人類が未だ体験したことのない境地であり、
人類史上初の「独立」でもあるという事。

その雛形として繰り広げられている
今回のアメリカ大統領選挙を巡るプロセスを通して、
私たちの成長が段々と促されていきます。





これまでは当たり前だった事、頑なに信じていた「正しさ」というものが、
一体何だったのだろうと、茫然自失になってしまうこともあります。

人を欺き、上手く誤魔化し、勘違いさせる。
そんな「騙しのテク」で自らを優位に利するやり方は、
これからはもう通用しなくなっていく。

どれだけの嘘で固められた世界に生き、
自らがそこに加担してしまっていたのか。
どれだけの巨大な嘘を
これまで私たちはつき続けてきたのか。

たった一つの嘘をつき続けるために、
その周りをさらに嘘で固めてきました。
疚しさも、後ろめたさも、
喉元過ぎてすっかり忘れ、失ってきました。

取り繕ったり、偽ったり、
自身の存在を何か尊大なものに思わせたり。
人に認められる為、よく思われる為にと、
見栄えのいいメッキで固め、箔の付くレッテルを貼り、
誇大広告によりパッケージ化された、
見合わない「役」を演じてきたりもしました。

そうして作られたマスな影響力。
万能感と恍惚感に浸った「集団ノリ」。
そこに形成された縁故主義的な人間関係。

現実と乖離した、煌びやかで立派なセルフイメージと、
それを取り巻くしがらみの中、
心の奥では「本来の私」とのギャップに、
ずっともどかしさを感じてきました。

幼い頃に感じた強烈な違和感も、
大人になるにつれて徐々に霞んでいき、
いつしかそれが当たり前になって、
とんどん麻痺していきました。

そして世の中も私もこんなもんかと失望し、
どこか妥協し、諦め、開き直って生きてきました。

そんな全ての、あらゆる「声無き声」は、
呪詛的封印とともに塞ぎ込まれ、抑圧され、伏在化させられてきました。
また、この世の中を行き場のない浮遊霊の如く漂ってもきました。

これからは、そんな浮かばれなかった想いや存在たちが、
元居た場所へと、ようやく戻っていく。

その為には、これまでこの世界を覆ってきた巨大な嘘が、
先ずははっきりと、嘘だったのだと自覚を持って認識される必要があります。

メッキが剥げ、レッテルも剥がれ、
リアルな世界、リアルな私の「現状」が浮かび上がる。
それは人によっては何の変わりもない今まで通りの姿かもしれないし、
人によっては思っていたよりもとても惨めな姿かもしれない。

しかし、惨めなら、惨めなりに、
そんな自身を受け入れて、
そこからまた始める事が出来れば、
学びの機会にまた恵まれるし、きっと成長していける。

『今度は「偽った私」ではなく、「本来の私」のままに、
心の声に沿って生きていきたい。』

時代の動き、そして世界の流れは、
今まさにそこに向いているように思えてなりません。

澤野さんのお話の内容は、
表層的な感情論ではない、ある意味ドライで、シビアな内容ばかりです。
それはまさに「アラハバキ」のはたらきそのもののように思います。
世界の「元の均衡」を促すだけでなく、
良くも悪くもその人自身の「元の均衡」をも促します。

私自身毎回、澤野さんのお話に触れる度、まさに「アラハバかれ」ています。

「外側」で起こる事と、「内側」で起こる事が、
相互に波及し合っているような感覚があります。

私自身勉強の身、不束者ではございますが、
来年も名古屋の地で、皆さまが澤野さんの言説に触れられる貴重な機会と場所となるよう、
名古屋講演会のお力添えをしていきたいと思います。





次回の澤野大樹氏名古屋講演会の日程が決定いたしました。
★2021年2月6日(土) 名古屋講演会 第16回★
【月日】2月6日(土)
【時間】開場13:30 開演14:00~19:00頃 (※5時間講義)
【会場】青少年文化センター(アートピア)9階 第3研修室
    名古屋市中区栄3-18-1 ナディアパーク内デザインセンタービル9階
    https://www.bunka758.or.jp/scd03_access.html
【参加費用】10,000円 会場受付にてお支払いください。
      (ご予約なしでの当日参加はできません)
【定員】30名
※懇親会はございません。

ご予約、お申し込みは、
taijunagoya@gmail.com
まで、
・氏名
・TEL
・人数
を明記の上、メールにてお申し込みください。

―――――――――――――――
※前回、第15回の活字版原稿の余剰分を僅かですが販売いたします。
 価格は10,000円+送料370円となります。
 ご希望の方は、上記のメールアドレスにてお問い合わせください。
―――――――――――――――

そして、いよいよ今週末の土日、
青森の弘前、八戸での2Days講演会が開催されます。
2020年の締めくくり、ぜひ足をお運びくださいませ。

★2020年12月26日(土) 青森 「弘前」 講演会 第6回★
【タイトル】 『未定』
【月日】 2020年12月26日(土)
【時間】開場13:00 開演13:30~18:30 (※5時間講義)
【会場】青森県弘前市立市民会館管理棟 2F 「第一小会議室」
青森県弘前市下白銀町1-6 弘前公園内
http://www.city.hirosaki.aomori.jp/shiminkaikan/access.html
【参加費用】8,000円(当日9,000円) 会場受付にてお支払いください。
【主催】小野裕美子さん
【ブログ】『青い太陽828』
https://ameblo.jp/riyanmichaki/entrylist.html
【ご予約/お問い合わせ】↓こくちーずからご予約/お問い合わせください。
https://www.kokuchpro.com/event/734b5417f2ef9b79033538b8657a49b7/
※聴覚障がい者は当日活字版原稿無料進呈
※障がい者手帳をお持ちの方の介添え人様お一人無料。
※懇親会はございません。
―――――――――――――――
★2020年12月27日(日) 青森 「八戸」 講演会 第6回★
【タイトル】 『未定』
【月日】 2020年12月27日(日)
【時間】開場13:00 開演13:30~18:30 (※5時間講義)
【会場】八戸市総合福祉会館(はちふくプラザねじょう) 5F研修室
青森県八戸市根城8丁目8-155
https://www.city.hachinohe.aomori.jp/shisetsuannai/kenko_fukushi/8909.html
【参加費用】8,000円(当日9,000円) 会場受付にてお支払いください。
【主催】小野裕美子さん
【ブログ】『青い太陽828』
https://ameblo.jp/riyanmichaki/entrylist.html
【ご予約/お問い合わせ】↓こくちーずからご予約/お問い合わせください。
https://www.kokuchpro.com/event/13c7220669eb7b701b896d6331c07a0e/
※聴覚障がい者は当日活字版原稿無料進呈
※障がい者手帳をお持ちの方の介添え人様お一人無料。
※懇親会はございません。
―――――――――――――――
澤野大樹さん公式ブログ、2021年の全国講演会スケジュールはこちら→http://intuition.jp/blog/